症状固定とは?

A:治療を続けても、怪我が良くも悪くもならないという状態です。

症状固定とは、交通事故で負った怪我が、治療を続けても良くもならないし悪くもならないという状態です。
怪我の症状が良くなったり、悪くなったり、一進一退を繰り返すような状態です。

損害賠償との関係では、症状固定後は治療費の請求はできません。
症状固定の後の賠償は、後遺障害で評価します。

保険会社から症状固定を迫られるケースがありますが、主治医が治療の継続を進めている場合など、改善の見込みがある場合には治療を続けることが大切ですので、弁護士に相談しましょう。

0798-64-1150 受付時間 平日 90:30〜19:30 土曜 10:00〜18:00

 
交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。