過失割合(相殺)に納得いかない


交通事故の原因は、必ずしも加害者のみにあるとは限りません。
場合によっては被害者側にも一定の交通事故の過失がある場合があります。

被害者にも事故の発生や損害の拡大に落ち度がある場合、損害賠償の金額を減額するとことを過失相殺といいます。
そして、損害賠償額が「どの程度、何パーセント減額されるか」という割合のことを、過失割合といいます。

例えば、信号機の設置されている横断歩道を歩行者が青色信号で横断を開始し、途中で黄色信号に、更に赤信号に変わった時点で、青色信号で進行してきた自動車と衝突し交通事故が発生した場合、歩行者の過失割合は20%になります(別冊判例タイムズ38号73頁参照)。

保険会社は過失相殺においても過去の裁判例を元に作成された基本の過失割合を利用し、被害者側の過失を主張して賠償金額を減額しようとしてきます。
もっとも、交通事故は個別性があるもので必ずしも保険会社の主張する基本の過失割合が正しいとは限りません

当事務所にご相談をして頂きました事例では、下記のようなケースがありました。

  
信号が青色で交差点を通行したと主張する依頼者と、赤だったと主張する加害者側の主張が対立する事例でした。
双方の主張の隔たりが大きいので、訴訟提起しました。

訴訟の結果、当方の主張が認められ、依頼者の主張通り、青信号で交差点を通行したことが裁判所で認定され、裁判官から勝訴的和解案が提示されました。

その結果、依頼者の納得のいく賠償額が得られました。

 


当事務所では、交通事故の被害者側の立場で正しい過失割合を計算し、適正な損害賠償を受け取ることができるようにサポートしております。

保険会社が提示した過失割合について適正な過失割合になっているか判断に迷われる場合には、お気軽に当事務所までご相談下さい。

0798-64-1150 受付時間 平日 90:30〜19:30 土曜 10:00〜18:00

 
交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。