交通事故被害でお悩みの方へ


当事務所では特に交通事故に力を入れています。
交通事故の被害回復は当事務所にお任せください。
交通事故の被害者の方は、肉体的・精神的ダメージを受けているにも関わらず、さらに保険会社との交渉などを行わなくてはいけません。

また、被害者の方は初めて交通事故に遭われた方が多く、保険会社の提示する過失割合や賠償額が正しいかどうかわからないというのが実情です。

真の「被害者の味方」

弁護士は、交通事故で、どのような過失割合が適正なのか過去の裁判例から導き出しますが、被害者の方は、自らの事故の過失割合の判例など見たこともない方がほとんどです。

さらに、後遺障害の知識がなく、保険会社に言われるままに症状固定の診断書を作成してしまっているケースも多いです。当事務所では、蓄積した経験から、後遺障害が認められるために必要な医学的証拠を調査し、被害者の方にとって、最も適正な後遺障害が認定されるように最善を尽くします。

そして、自賠責により適正な後遺障害等級が認定されることは、交通事故の被害回復にとって非常に重要です。
適正な被害回復、適正な後遺障害等級の認定のためには早い段階で弁護士のアドバイスを受けることが重要です。
当事務所では、事故直後から、被害者の方に状況に応じた様々なアドバイスを行い、適正な被害回復がなされるように最善を尽くします。

保険会社は交通事故被害者の味方なのか?

実は、保険会社は賠償金をできるだけ低く抑えようと交渉してきます。
保険会社が社内基準で提示してくる賠償額は、裁判所で認められる適正な賠償額と比べて低い基準となっています。



しかし、交通事故についての知識を持っていない被害者の方は、
「保険会社は交通事故問題の専門家なのだから、提示している賠償金額は適正なものなのだろう」と思ってしまい、保険会社から提示された賠償金額に疑問を持たずに示談提示を受け入れてしまう方も少なくありません。

このような場合、交通事故の専門家である弁護士が交渉すれば、ほとんどの場合において、賠償金額を提示額より多く受けられます。
さらに、後遺障害認定の場面において、当事務所では、被害者の方にとって適正な後遺障害の等級が認められるように主治医と面談したり、医学的調査をしたりして最善を尽くします。

実際に保険会社が0円提示であった場合において、医学的調査を行い、適正な後遺障害を認定してもらい、1700万円以上回収した事例もあります。
交通事故に遭った場合には適正な賠償額を獲得するために、まずは交通事故問題の専門家である弁護士に相談しましょう。

交通事故に遭い、賠償金や示談に関してご不安、お悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

0798-64-1150 受付時間 平日 90:30〜19:30 土曜 10:00〜18:00

 
交通事故に関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。